【スマホアプリ面白いやつ】タイムリフレイン 一巡後の世界:目を覚ますとそこは千年後!?悪意と陰謀に立ち向かえ!新作タクティカルRPG!

けーた

今回ご紹介するスマホアプリ面白いやつ!は「タイムリフレイン 一巡後の世界」

プレイヤーが目が覚ますと、そこは全く違う世界。

誰が敵で、誰が味方でさえ分からない時代。

1000年後のE歴という世界を舞台に、プレイヤー自身の世界に戻るため、様々な陰謀の中で戦いを繰り広げていく・・・!!

さて、今回も遊んでみたのでレビューしていきます!

タイムリフレイン
タイムリフレイン
無料

タイムリフレインってどんなゲーム

タイムリフレインは、人々が住む世界の千年後を舞台に、神の力と呼ばれる「アーク」を巡る人間、神、シャドウの戦いを描いた対戦型タクティカルRPGです。
バトルがしやすいカードバトル方式で、デッキをセットして敵とバトルを繰り広げていきます。
カード対戦ゲームなどでよくあるドロー&リリースを使った簡単なバトルシステムなため、ややこしい事は一切なくバトルが苦手でもストーリーを楽しめますよ!

お手軽バトル

タイムリフレインのバトルは、4×6の陣の中で戦うターンシステム。


配置したキャラと同じ列にいる敵に対してオートで攻撃をしていきます。
敵の配置によって、味方のキャラを配置して攻撃をくりひろげます。
プレイヤーと相手が交互にキャラクターをフィールドに配置し、敵の指揮官を倒すと勝利になります。
キャラクターには大きく2タイプに別れていて、「近接ユニット」と「遠距離ユニット」があります。


「近接ユニット」は自分のフィールドの前列か中列に配置することができます。
逆に遠距離ユニットは、中列か後列に配置でき、場所は自由に決められます。
キャラクターの攻撃はオートでされますが、
ユニットの同じ列の敵を優先的に攻撃するようになっています。
敵が同じ列にいない場合は敵の指揮官にダイレクトに攻撃ができるようになっているので、なりるべく敵がいない列にキャラクターを配置するのがポイントになります。
逆に言えば相手からしても、指揮官にダイレクトに攻撃をしたいはずなので、味方のキャラクターを配置する時はダイレクトに指揮官に攻撃がいかないように、配置することも大切です。
バトルのデッキは最大8体から構成できるので、デッキ編成時に各キャラクターのスキルや役割を見ながら編成して行きましょう。


スキルには回復や防御や追加攻撃など色々なスキルがあるのでその辺も考えながら楽しくデッキを組んでいけます。
バトルモードではオート機能や2倍速がついているので、デッキ編成をしてあれはま、オートでサクサク進んでいけます。
もちろんですが、手動の方がスキル発生やキャラクターを有意義に移動できるので時間があれば手動でされることをオススメします!

デメリットがないガチャ

大事なキャラクター入手だか、他作と同じようにガチャを回していきます。


ガチャを回すには、「合同訓練」というコンテンツのガチャで、ダイヤ(石)や合同訓練券を使ってキャラクターを召喚します。
ガチャを回して、獲得済キャラクターのカケラが出たとしても、キャラクターの育成に必要不可欠なので、むしろ被りを集めたくなります。
他作と違ってガチャによるデメリットが無いのがこの作品のいい所といえます。
また、ガチャを回すとキャラクターのカケラが入手できます。
このカケラによりキャラクターを使うことができます。
このカケラですが、タイムリフレインでは、1つのカケラさえあればキャラクターを使うことが出来るので、キャラクターを入手するために沢山のカケラを集めると言ったことが必要では無いのでガチャも気軽に回すことができます。
無課金者に優しいシステムなので長く遊ぶことが出来そうです。

キャラクターの育成

タイムリフレインでは、各キャラクターのカケラを使って手に入れたキャラクターの育成をおこなっていきます。


カケラの入手方法は沢山あり、手に入れやすいので、遊べば遊ぶほどキャラクターの育成が進んでいきます。
また、本作の育成には好感度となるものがあります。


好感度は各キャラクターとの特別なイベントやデートをすることでき、デートでプレゼントを渡すことにより、好感度が上がります。
育成でデート?と初めは思いましたが、バトルやストーリーなどでは見ることができない、キャラクターの新たな一面を見ることができます。
また好感度が上がるとキャラクターのステータスも上がるため、デートで楽しみながらキャラクターを強化することができます。

まとめ

けーた

タイムリフレインでのバトルはデッキを編成していくカードバトル方式。

育成もガチャによるカケラだけでなく様々な育成方法があるので、飽きることもなく、またやり込み度もあるので、ストーリーよりも育成に力が入ってしまうほど……
もちろんSFアニメのような壮大なスケールのストーリーも見逃せません!
是非、新作タクティカルRPGを楽しんでみてはいかがでしょうか?